ストレスが原因となる便秘や下痢の治療2

ストレスが原因となる便秘や下痢の治療2

例えば、医療機関(消化器科)においての「薬物治療(化学療法、ある種の化学物質の選択毒性を利用することで、疾患の原因となっている微生物や癌細胞の増殖を阻害して、体内から駆逐することを目的とする医学的な治療法の1種)」の試行や、医療機関(精神科)においての「心理療法(物理的・化学的な手段に偏らずに、教示や対話、さらには訓練を通して認知・情緒・行動などに変容をきたすことを目的とし、精神疾患や心身症の治療、そして精神心理的問題や不適応行動などの解決に導く、人々の精神的健康の回復・保持・増進を図るための理論と技法の体系)」による治療を受けたりすることが理想です。特に後者の場合、診察をためらう人も多いと思いますが、身体症状を改善するためにも、まずは精神症状を安定させることを優先しましょう。さらには、医療機関には頼らなくても、自分自身で出来ることとして、ストレスを解消することを目的とした「自律訓練法(1932年にドイツの精神科医シュルツによって創始された自己催眠法・治療技法)」なども、現在ではよく見られています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする