ストレスが原因となる便秘や下痢の治療1

ストレスが原因となる便秘や下痢の治療1

便秘や下痢の主症状として挙げられる、過敏性腸症候群では、その精神的要因として、交感神経と副交感神経の2つから成り立っている、自律神経系の均衡が崩れた場合に起こり得る症状の総称にあたる「自律神経失調症」がまず初めに考えられます。その原因や発症は、夜更かしをしたりするなどして、自律神経が興奮したり、脳の疲労やストレス、更年期が元になるホルモンバランスの乱れなどが挙げられています。また、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている人も、少なからず存在するので一概には断定出来ません。それでも、患者のおよそ半数が、日常生活において、その病理がストレスに原因があると考えているのです。だからこそ、まず必要なことが、精神的に不安定な状態を解消することです。ストレスとなっている基の原因自体を明確にすることで、取り除くという過程を行っていきます。症状として他には、めまい・冷や汗・体の一部の震え、さらには緊張するような場所でないにも関わらず脈が速くなることや、血圧が激しく上下する場合もあります。そして、立ち眩み・耳鳴り・吐き気・頭痛・微熱・過呼吸・生理不順などの身体症状も出ます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする