過敏性腸症候群を治すために必要なこと

過敏性腸症候群を治すために必要なこと

これまで見てきたように、「過敏性腸症候群(Irritable―Bowel―Syndrome、通称IBS)」には、その根本的原因として、精神症状が大きく関係してくると考えられています。大腸の蠕動運動や分泌機能の異常で生じ得る病気の総称でも関わらず、いざ検査を行ったとしても、炎症や潰瘍などの目に見えての不具合が認められないのは、そのためです。つまり、便秘や下痢を主とした過敏性腸症候群においては、そうした症状の原因が、精神的な「ストレス」や生活の乱れ、そして日頃の不摂生によって引き起こされることが多いとされているので、上述した不快な症状を改善するためには、これらの精神的な要因を解決することが、まず初めに考えるべき事項だということです。ちなみに、ここでのストレスとは、生物学的に起こる何らかの刺激によって、生体自体に生じた歪みの状態を指しています。本来は、材料力学上の言葉に置き換えられています。例として、スプリングの引き伸ばしや、ゴム球の押し縮めなどを行った際に、その物質の中に発生した応力のことです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする