精神症状が関係してくる過敏性腸症候群2

精神症状が関係してくる過敏性腸症候群2

例えば、前項において示したパニック障害においては、「セロトニン(動植物に広く分布している生理活性アミン・インドールアミンの1種)」がストレスホルモンの1つである「ノルアドレナリン(シナプス伝達の間にノルアドレナリン作動性ニューロンから放出される神経伝達物質や、副腎から血液に放出されているホルモンとして機能)」によって引き起こされる不安感が、過剰にならないように抑えてくれる働きをしてくれるのですが、この神経伝達物質が不足した状態になったり、こうした受容体自体が鈍くなったりしているのではという説があります。それとは逆に、セロトニンが過剰になっていると考える説も存在しているのです。セロトニンとは、実はそのおよそ90%もが腸内に存在すると言われているのです。だからこそストレスが掛かることによって、腸内におけるセロトニンが分泌されてしまうと、腸の蠕動運動(筋肉の収縮波が徐々に移行していく動き)に異常が起こることになります。そして、過敏性腸症候群へと至るのだと考えられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする