精神症状が関係してくる過敏性腸症候群1

精神症状が関係してくる過敏性腸症候群1

過敏性腸症候群(便秘や下痢)は、精神症状が大きく関係してくることが分かっています。現代において研究されてきた中で、便秘や下痢の要因となり得る過敏性腸症候群には、人間においては主として生体リズムや神経内分泌、睡眠や体温調節などに関与している「セロトニン」という神経伝達物質が大きく関係していることが分かってきています。セロトニンは、生体リズムや神経内分泌、睡眠や体温調節などの生理機能に加えて、気分障害や統合失調症、薬物依存などにおける病態にも深く関係していると言われています。「ドーパミン(運動調節・ホルモン調節・快の感情・意欲・学習など)」やノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールしたり、精神を安定させたりする働きを有しているのです。また、ホルモンとしての働きもあります。消化器系や気分、睡眠覚醒周期や心血管系、痛みの認知や食欲などの制御もしています。ちなみに、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンの総称として、「モノアミン神経伝達物質」があります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする