過敏性腸症候群に原因はあるのか?2

過敏性腸症候群に原因はあるのか?2

前述したように、過敏性腸症候群には自律神経系による精神的要因が大きく関わってきます。便秘や下痢の症状は、決して甘く考えていい性質にはないわけです。その他の例としては、最初のうちは暴飲暴食などによる身体的な理由が原因で、便秘や下痢の症状が出ていたのが、そうした突発的・慢性的な状態によって、人前で恥をかいたり、不快な想いをするという経験を何回かしていくことになるとします。すると次第に、身体が自然の学習効果を覚え、外(人前)で便秘や下痢になること自体が、脅威的な恐怖心に繋がっていってしまうのです。そして、長時間にわたってトイレがない場所、人目にさらされることなくトイレに入れないような場所では、余計に便秘や下痢の状態に陥りやすくなることになります。これは、「不安障害(明確な対象を持たない恐怖のことを指していて、その恐怖に対して自分自身が処理が不可能な時に発生する感情であり、不安が強くて行動や心理的な障害をもたらす症状を総称)」の1種だと考えられています。これは、精神症状としては強い不安やイライラ感、さらには恐怖感や緊張感が現れます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする