過敏性腸症候群の症状とその型2

過敏性腸症候群の症状とその型2

過敏性腸症候群における主な症状の続きになります。便通の異常として、「ガス型」があります。ガス型になると、いつもガスが漏れていて、周りの人たちに不快な想いをさせているのではないか、というような不安に常に苛まれることになります。意識がそのことばかりに集中することで、それが余計に「おなら」を促してしまう症状のことを言います。このガス型の症状が重くなると、誰の前であっても、無意識的にガスや臭いが漏れるようになってしまいます。しかし、それとは別に、自宅などの1人でストレスを感じない場所にいる場合、そうした症状は起きにくいとされています。緊張による悪循環は、「あがり症(対人恐怖症)」と同じだと言われています。別称として、おなら恐怖症があります。これもまた、あがり症の1つになります。よって、治療法もまた、あがり症と同じです。あがり症では、思春期で特によく起こる点や、日本人に多く見られる点などが挙げられるので、特徴が一致します。緊張からのストレスでは、多くの場合、唾液を飲むと同時に、空気を飲み込むことで、お腹に空気が溜まります。空気嚥下症や呑気症と呼ばれています。これが症状を大きくしていることも、少なからず存在しています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする