過敏性腸症候群の症状とその型1

過敏性腸症候群の症状とその型1

過敏性腸症候群における主な症状として挙げられるのが、便通の異常になります。過敏性腸症候群は、その症状によって、「不安定型(ふあんていがた)」・「慢性下痢型(まんせいげりがた)」・「分泌型(ぶんぴつがた)」・「ガス型」という4つに分けることが出来ます。特徴としては、排便によって少しの間は症状が軽快していますが、すぐにまたぶり返すという性質にあります。不安定型では、腹痛や腹部の違和感が起こり、下痢と便秘が、複数日の間隔で交互に現れます。これを、交代性便通異常と言います。また、慢性下痢型では、ストレスや不安をちょっとでも意識すると、下痢が引き起こされてしまいます。この場合のストレスは、寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こされる精神的な緊張や、生体内における非特異的な防衛反応を指します。さらには、その要因となる刺激や状況になります。不安は、気がかりで落ち着かないことや心配なことです。別称として、「神経性下痢」があります。また、分泌型では、強い腹痛が起こった後に、大量の粘液が排泄されることが特徴です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする