痙縮性便秘における過敏性腸症候群

痙縮性便秘における過敏性腸症候群

便秘や下痢において時折目にする単語の1つに、「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)」があります。過敏性腸症候群は、大腸の運動や、分泌機能が異常を起こしたことによって、生じることになった病気の主とした総称になります。過敏性腸症候群になると、たとえ検査を行ったとしても、「炎症(生体が微生物の侵入や物理的・化学的な刺激を受けることによって、発熱・発赤・はれ・痛みなどの症状を出すこと)」や「潰瘍(かいよう、皮膚や粘膜などの表層がただれて崩れ落ちることにより、欠損が生じた状態)」など、目に見えて分かりやすい症状が認められないことにも関わらず、大便が液状もしくはそれに近い状態で排泄される「下痢」や「便秘」、ガスの過多が原因となった「下腹部の張り」などの症状が見られます。少し前までは、大腸の機能が異常を起こし、そのために引き起こされる病気という認識があり、過敏性大腸症候群とも呼ばれていました。しかし近年においては、大腸だけに限らず、小腸においても関係性が見られることから、過敏性腸症候群と称されるようになりました。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする