便秘の時に必要な瀉下薬の本質的意味

便秘の時に必要な瀉下薬の本質的意味

瀉下薬は便秘薬なので、一見すると、便秘を治療するために存在する医薬品だと思われがちです。しかし、瀉下薬(便秘薬)は、根本的な便秘を治療する薬ではないことを、私たちは頭に入れておく必要があります。あくまで瀉下薬(便秘薬)は、便秘の症状となっている、「滞留便(たいりゅうべん、宿便、腸の処理能力を超えてしまって負担をかけ続けた場合の、腸管内における渋滞した排泄内容物の総称)」という原因を、薬剤の効果を用いることによって、一時的に排泄させることによって、改善させるための薬になるわけです。しかも、瀉下薬(便秘薬)を使い続けることには、リスクがあります。私たちの身体には、もともと身体の中に備わっている「排便反射機能」というものが存在します。この排便反射機能は、上記のような薬剤を連用し続けることによって、段々と低下していくと言われています。つまり、長期的に見ると、便秘が現状よりも悪化する可能性を秘めているのです。だからこそ、便秘だからといって、決して便秘薬だけに依存するべきではありません。積極的に運動をしてみたり、食事や生活習慣の見直しをしてみたりするなど、便秘になった根本的要因を解決するようにしましょう。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする