「瀉下薬」とは何か?1

「瀉下薬」とは何か?1

私たちは、1度は「瀉下薬(しゃげやく)」という言葉を聞いたことがあるかと思います。瀉下薬というと、難しい印象を抱きますが、簡単に言うと、これは「下剤(排便を促すために用いられる薬)」のことで、便秘薬を指す言葉になります。瀉下薬の主な目的としては、私たちが通常陥りやすい「便秘(健康時に比べて排便の回数や量が著しく減って、便が滞った状態)」の状態、または薬の副作用などによって引き起こされた便秘を原因とする、それら不快な症状を取ることにあります。薬を用いることによって、排便を促すことに繋がりますが、便秘の時というのは、前項によって見てきた通り、「大腸癌(だいちょうがん、大腸である盲腸・結腸・直腸に発生している癌腫であって、肛門管に発生するものもまた含められる)」などの「腸閉塞(ちょうへいそく、イレウス、腸管内容の肛門側への移動が障害される病態で、急性腹症を起こす疾患の1つ)」性疾患を有していることもあるため、注意が必要です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする