医療的観点から見た便秘や下痢2

医療的観点から見た便秘や下痢2

東洋医学では特に、予防の意味も含めて、下痢への対処としてはまず、腹部を冷やさないように心掛けることが重要だと言われています。また、普段から例えば使い捨てカイロのような発熱体を腹部に当てていることで、不快感を軽減することにも役立ちます。現代のファッションスタイルの中には、腹部を露出することが好まれている傾向もあります。その場合、下痢になる確率が上がるのです。だかららこそ、飲食物には特別に注意を払うのが良いでしょう。たとえ重篤な疾患でないと言われていても、慢性的に下痢になってしまう人は、避けるべき要項がいくつかあります。まずは、カフェインなどの腸を過剰に刺激するものや、高浸透圧である人工甘味料などが挙げられます。さらには、普段から服用している薬の副作用が、下痢を引き起こしている可能性も否定出来ません。だからこそ、違和感がある場合はすぐに、医療機関に相談をしましょう。東洋医学での下痢は、「脾臓(ひぞう)」が虚脱状態になっている場合と、「腎臓」が虚脱状態になっている場合とに分けられます。これらには、補い方法も違ってくるため、一口に下痢と言っても安易な判断は危険です。下痢による脱水症状は、時に死亡にまで発展するおそれのある怖い状態だということを、私たちは常に頭に入れておく必要があります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする