医療的観点から見た便秘や下痢1

医療的観点から見た便秘や下痢1

脱水状態における水分の補給について、各種の医療機関では、例えば嘔吐などがある場合、経口からの摂取が不可能と判断されます。または、経口からでは充分な摂取が見込めないと認められると、「経静脈輸液(静脈を介して血管内に他の健康な人の血液や血液成分を注入して、その不足を補うこと)」を行います。下痢は、突発的に起こる場合もあります。その症状が通常のものである時には、「下痢止め薬」を服用することで対処するのが理想です。飲食においては、「梅干(梅の果実を塩漬けにした後に、日干しにしたもの)」などにも同様の効果があると言われています。しかし、食中毒などに関わってくる、感染症を伴った下痢の場合では、下痢自体が、その病原体を即座に外に排出する防衛作用に当たるのです。だからこそ、安易に下痢止め薬を服用するという処置は、逆に病状の悪化を促進してしまうおそれがあります。以上のことから、下痢止め薬の服用には、注意が必要です。また、通常の下痢の状態であっても、下痢が特に長く続く時や、症状が異常になったり、急変した際には、すぐに医療機関に相談するのが望ましいとされています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする