水分補給は便秘や下痢の治療に適しています

水分補給は便秘や下痢の治療に適しています

これまで挙げてきた脱水症状に関して、便秘や下痢の場合では特に、「重篤(きとく、病気が非常に重くなり、今にも死にそうになること)」状態に陥る可能性も少なくはありません。だからこそ、水分補給には普段から特に気をつけて行っていくことが大切です。例えば食事を摂取しない場合でも、1日につき2000ミリリットルを目安として、少しずつ飲むのが良いとされています。また、水分摂取状態の判断として、尿の量も目安となります。いつものように出るというのであれば、問題はないでしょう。ここで重要なのは、水分をただ補給すればいいわけではなく、「東洋医学(中国において主として漢民族によって発展してきた医学で、朝鮮半島や日本にも伝わり、それぞれが独自の発達を遂げてきた伝統医学の総称)」では特に、冷たくした飲み物は良くないと言われています。「西洋医学(主としてヨーロッパにおいて発展した医学の総称)」でもまた、その見解を同じくします。冷えた飲み物は、胃腸に多大な刺激になるとされています。だからこそ、避けた方が無難なわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする