便秘や下痢の時に起こる脱水症状1

便秘や下痢の時に起こる脱水症状1

前項で挙げてきた通り、便秘や特に下痢には、「脱水症状(脱水症、体内の水分や電解質が欠乏した状態であり、多汗や多尿、重度の下痢などの場合に起こる)」が伴うことがあります。この時の状態を、細胞外液脱水と考えます。水に溶けている塩の量にあたる「塩分(塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、炭酸水素塩などの塩類の総称)」などにおける、一般的な有機物に含まれている炭素・水素・窒素・酸素の他に、生体にとって欠かすことに出来ない元素である「ミネラル分(亜鉛・カリウム・カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・マグネシウム・マンガン・ヨウ素・リン)」などが消耗することによって、電解質の代謝が異常を起こすわけです。ミネラルは無機質とも呼ばれ、糖質・脂質・蛋白質・ビタミンと並んで、5大栄養素の重要な1つになります。人間や動物の種類や性別、その成長段階によって、必要とされる種類や量は違ってきます。これら全ての要素を摂るのは、適度な量が良いとされています。欠乏症だけではなく、過剰に摂取することも病気の原因となってしまうからです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする