便秘に対する下痢の症状3

便秘に対する下痢の症状3

下痢に挙げられる症状は、前項の通りになります。ちなみに、骨盤内における「腹膜炎(化膿菌や腫瘍などが原因で、急性では虫垂炎などから二次的に起こることがあり、激しい腹痛や嘔吐、下痢などを伴う)」では、便意が頻発することがあり、これが下痢と酷似していることから、注意が必要です。「虫垂炎(ちゅうすいえん)」とは、症状の初めとして、上腹部やへその付近に痛みが生じます。それから、段々と右下腹部に痛みが移っていきます。そして、吐き気や発熱などを伴って、悪化することで破れてしまうと、腹膜炎を起こすのです。これは別称として、盲腸炎があります。その他にも、上部の消化管出血が起こった場合、特に胃と小腸をつなぐ消化管である十二指腸からの出血である時は、「吐血(消化器が疾患や損傷などによって出血し、口から血を吐く行為)」としてではなく、下痢(便)として外に排泄されることがあります。以上のような症状を鑑みて(自覚症状がある場合には、それと照らし合わせて)、それに応じて対処していくことが重要です。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする