便秘に対する下痢の症状2

便秘に対する下痢の症状2

便秘と違って、下痢の場合、「小腸性下痢」と「大腸性下痢」に分類することが出来ます。小腸性では、便量が著しく増加します。そして、粘液(ねんえき)が出ることはあまりありません。また、血便の1種であり、黒色となった便にあたる「メレナ(上部消化管や小腸、上行結腸からの出血が消化されて、便として排出されてしまう状態)」は、小腸が出血した際に起こると言われています。この時、血便は「出血性小腸炎」ではない場合、見られないと言われています。また、未消化物が存在します。さらに、直腸の激しい炎症であり、特に赤痢の下痢の際に起こる得る「渋り腹(テネスムス、便意を催しても、少量出るだけで排便が終わる感じのしない状態)」はなく、体重減少や嘔吐の症状が見られることが特徴です。大腸性では、便量は正常かそれより多い程度になります。粘液はありますが、メレナは発生しません。血便は、時々見られると言われています。渋り腹は、頻発して起こります。しかし、この場合での体重減少や嘔吐は、あまりないそうです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする