便秘や下痢に見られる疾患について2

便秘や下痢に見られる疾患について2

便秘や下痢に見られる疾患の、その他に挙げられるものとしては、「医薬品(内服したり外用したり注射したりすることにより、人や動物の疾病の診断・治療・予防を行うための品)」による副作用(有害になることが多い、薬物における病気を治す作用とは別の作用)などもその1つになります。しかし、ここで大事なのは、下痢には便秘と違って、「赤痢(せきり、下痢・発熱・血便・腹痛などを伴った大腸感染症)」や「コレラ(コレラ菌を病原体とする経口感染症の1つであり、日本では3類感染症に指定されている)」のような伝染病、「クリプトスポリジウム(アピコンプレックス門に属する原虫であり、人間を含む脊椎動物の消化管などに寄生する)」と言う病原性原虫や寄生虫の寄生においても発症する、非常に怖い症状になります。最悪の場合には、死にまで至ることもあるのです。だからこそ、単なる一時的・一過性の下痢とは考えず、少しでも長引くようであれば、すぐに医療機関に行くことをお勧めします。特に緊急性を要するのが、海外旅行の後で下痢の症状が出た時などです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする