便秘や下痢に見られる疾患について1

便秘や下痢に見られる疾患について1

前項で説明した過敏性腸症候群などの体質に加えて、便秘や主に下痢の要因となる疾患として、「ヘリコバクター・ピロリ(人間などの胃の中で生息するらせん型の細菌、ピロリ菌のこと)」の感染による消化不良が挙げられます。世界人口の40~50%ほどがヘリコバクター・ピロリの保菌者だと考えられています。日本では、1992年の時において、20歳代の感染率が25%ほど、40歳代以上では7割を超える高い保菌率となり、発展途上国のように高いと言われています。先進国である日本での世代格差には、戦後に急速的に革新していった生活環境の改善がその要因となったと考えられています。また、心身症の1つであり、不安を主な症状とする精神疾患全般である「不安障害(かつての神経症に該当して、精神症状としての強い不安やイライラ感、恐怖感や緊張感が現れたり、発汗・動悸・頻脈・胸痛・頭痛・下痢などといった身体症状として現れることもがある)」が原因となること、こうした神経性の消化不良もあります。さらには、女性に多いのですが、便意を我慢し過ぎたことにより、大腸が異常な活動状態になってしまう時もまた、これに該当してきます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする