便秘から見た下痢における種類2

便秘から見た下痢における種類2

下痢の慢性時においてはさらに、代謝内分泌疾患の1つである「甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう、甲状腺内組織の活動が異常的に活発になってしまうことで、活性と呼ばれる甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になる疾患)」や「糖尿病(とうにょうびょう、血糖値に当たる血液中のブドウ糖、グルコース濃度が病的に高い状態)」、さらには「慢性膵炎(すいえん、胆石症やアルコール過飲などが誘因と考えられている膵臓の炎症の総称)」などの重要疾患に陥っていることがあります。しかし、ほとんどの場合、他の重要疾患と比較して、予後が良好であることが多いと言われています。例えば、体質自体が「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、基本的に大腸の運動機能や分泌機能の異常で起こる病気の総称)」などである場合があります。たとえ病院で検査を行ったとしても、炎症や潰瘍などと言った目に見えて分かる異常が認められないにも関わらず、下痢の症状に加え、便秘になったり、ガスの過多が原因による、下腹部の張りなどが見られるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする