便秘から見た下痢における種類1

便秘から見た下痢における種類1

便秘もそれぞれの症状によって種類が存在しますが、下痢にもまた、「急性(症状が急に起こってその進み方が速いこと)」のものと「慢性(症状はそれほど酷くないものの、治りが悪く、経過が長びいてしまう病気の性質や状態のこと)」のものとに分類することが出来ます。この時、急性とされるのは、下痢の症状が発症してから、おおよそ2週間以内のものを定義します。その場合、ウイルス性である可能性が非常に高いと言われており、自然に治癒することがほとんどです。慢性の時では、下痢の症状が発症してから、おおよそ4週間以上の経過を辿ったものがこれに該当します。慢性の下痢の場合は、「大腸癌(だいちょうがん、盲腸・結腸・直腸に発生する癌腫であり、肛門管に発生するものを含まれる)」、厚生労働省から特定疾患に指定されている「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、大腸の粘膜に主に潰瘍やびらんが出来る原因不明の非特異性な炎症性疾患)」や「クローン病(口腔から肛門までの全消化管の中で、非連続性で慢性的に肉芽腫性炎症を生じてしまう原因不明の炎症性疾患)」などと言った病気が挙げられます。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする