便秘と比べた時の下痢の主な原因3

便秘と比べた時の下痢の主な原因3

下痢となる主な原因のその他には、「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、消化器系統で乳糖の消化酵素が減少して起こる不耐に関する諸症状)」にある人が、牛乳を始めとする乳糖を含んだ食品を摂った時、人工甘味料を多量に摂った場合にも下痢になるおそれがあります。乳糖不耐症では、小腸において、ラクターゼ(ぶどう糖とガラクトースにする酵素)の働くバランスが崩れた場合に起こり得る症状です。たとえ健康体であったとしても、哺乳動物であれば、誰でもなる可能性があります。なぜなら、そもそもの乳糖不耐症の根源が、哺乳動物の性質にあるからです。ほとんどの人間の場合、腸内でのラクターゼの分泌は少ないと言われています。だからこそ、乳糖をきちんと吸収することが出来なくなるわけです。さらには、油類を多量に口にした時もまた、下痢になりやすくなります。また、マグネシウムの過剰な摂取、マグネシウムが豊富に含まれた豆乳などの摂取、マグネシウムが含まれた薬剤、サプリメントの使用においても、同様の症状に陥ることがあります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする