便秘と比べた時の下痢の主な原因1

便秘と比べた時の下痢の主な原因1

便秘の原因と構造について見ていきましたが、その仕組みを解釈する上で、反対に日常における下痢の、最も多いとされている原因を順に挙げていきます。まずは、食べ過ぎをもとにした消化不良や、早食いで起こされる消化不良、そして就寝前の飲食行為による消化不良があります。つまり、消化管が上手く機能しないと、下痢になる率が上がるということです。さらに、腐ったものを口にした場合の「食あたり」があります。食あたりには、暴飲暴食をしたり、有毒物質を含んだ食物などを口にした時に起こされる、腹痛や嘔吐(おうと、吐き気を催したり、実際に吐いたりすること)も含まれています。また、毒キノコや「貝毒(魚介類が生産しているマリントキシンと呼ばれる物毒の1種で貝類の毒)」などによる有害物質からの食中毒、「O157(O抗原が157番の大腸菌)」や「ノロウイルス(非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの1種)」などの細菌・ウイルスなどに経口感染(病原微生物の混入した飲食物などを摂取することで感染)したことによる食中毒があります。食中毒もまた、下痢の大きな要因となるわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする