便秘に関わる体内の仕組み

便秘に関わる体内の仕組み

そもそも人体の構造として、便は普通、「大腸(脊椎動物の消化管の1部であり、小腸より肛門に近い部位に位置していて、盲腸から始って直腸で終わっている部分)」の中で「水分(物質や混合物の中の構成成分として含まれている水)」や「ミネラル(一般的な有機物に含まれている炭素や水素、窒素や酸素という元素の他に、生体にとって欠かせない無機物のこと。糖質・脂質・蛋白質・ビタミンと同じ五大栄養素の1つ)」を吸収して、それから外へと排出される仕組みになっています。しかしこの時、何かしらの原因が生じると、水分が多く残された状態のままで、便意を催すことになります。そうして排便されるため、下痢の症状が起きるのです。また、これが重症になると、前述とは反対に、腸の内側から粘膜や粘膜下組織、筋層や漿膜(しょうまく、体腔の内面や臓器の表面を覆っている漿液を分泌する薄い膜)からなる消化・吸収に重要な働きをしている腸壁から、摂取した食物を消化して栄養を吸収する腸管内へと水分が排出されることになるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする