便秘における宿便の豆知識1

便秘における宿便の豆知識1

しかし、宿便には逆説的な意見もあります。断食療法を提唱している医師の中には、腸管にこびり付くような便の存在は認識出来ないと考えている人もいます。なぜなら、皮膚などと同じように、腸管の粘膜もまた、日々生まれ変わっているからです。だからこそ、断食などで排泄される便は、宿便とは呼ばれているものの、あくまで腸壁にこびり付いた便ではなく、胃腸の処理能力が限界を超えたことによって、滞留してしまった排泄内容物であるとしています。人間の腸の中には、縦横無尽に「襞(ひだ)」が存在しています。そのため、谷間となった場所に、便が滞留することになるわけです。意図的に一定の期間、自発的に食物を断つと、宿便が排泄されると言われていますが、この時に内視鏡で見ても、腸壁にこびり付いているはずの便は、確認されなかったそうです。ちなみに小腸の内壁の表面には、無数の「柔毛(じゅうもう)」という小突起によって覆われています。この柔毛の役割は、栄養素を吸収する時の効率を上げることです。突起の数を増やすことにより、表面積を広く取っています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする