便秘における重度の宿便の対処方法

便秘における重度の宿便の対処方法

宿便の症状が重い人の場合は、特に下剤や浣腸などの薬剤に依存しやすい傾向があります。そうした人工的な状態が続く=乱用すると、腸が本来備えているはずの条件反射(訓練や経験によって後天的に獲得されるべき反射行動)である、「排便反射機能」が悪化してしまい、失われてしまうことになりかねないわけです。特に、断食などの行為は、仕事を持っている人や肉体労働者などには、全く適していない方法と言えるでしょう。腸内洗浄には、病院での対処療法と、民間療法としての対処方法があります。一番簡単に宿便を対処する方法としては、「水便秘解消法」だと言われています。これは薬剤が不要であり、尚且つ簡単に実行することが出来るのです。つまり、家庭だけでなく、旅行先でも容易に活用出来るわけです。しかしここで注意が必要なのは、便秘以外にも他に病気や疾患がある人、また妊産婦などは、自己判断で対処療法を実行せずに、あらかじめ医師に相談することをお勧めします。この時に、大腸検査を受けることで、定期的に異常の有無を確認することが出来ます。同時に、宿便によって起こり得る大腸癌の予防にもなるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする