便秘における宿便の原因2

便秘における宿便の原因2

宿便の原因は、まだあります。持病などの他疾患による薬剤、静穏剤・睡眠薬(抗不安薬のベンゾジアゼピン系の薬剤が広く使われています)・トランキライザー(向精神薬の中でも、精神状態を安定させる性質を持つ薬物の総称)などの、筋弛緩効果薬の副作用もまたその一因であると言われています。しかし便秘は、病気には分類されていません。あくまで、身体的における「排便反射機能」が低下したことにより、生じうる症状だとされています。よって、医師が行う主な便秘の治療としては、まず大腸検査を行い、大腸内に異常所見がないか確認します。それから、患者の苦痛原因を取除くための対症療法になります。そのほとんどが、下剤の投与になることが多いです。前項で示した医学博士の甲田光雄氏は、胃腸における処理能力が、その限度を超えた場合に、宿便となって溜まるとしています。しかしこのような状態は、単なる過食を指すのではないそうです。胃腸にもまた寿命があり、年々処理能力が衰えていきます。特に、心配事や睡眠不足、運動不足や水分の摂取不足、さらに食物繊維の摂取不足や粉食の食べ過ぎなどの要因により、宿便は起こりやすいと言われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする