便秘における老廃物の概要

便秘における老廃物の概要

「老廃物(ろうはいぶつ)」とは、体内の物質代謝が起こることによって、自然発生的に生じる代謝の産物であり、飲食物が消化管で利用されたあとで、体内において不要となった物質のことを言います。この老廃物が、体内において長い時間をかけて滞留することは、良くない状態だと言われています。なぜなら、例えば牛乳などは、腐敗菌によって徐々に腐っていきます。それと同じように、老廃物もまた、「悪玉菌(人の腸内に存在する細菌の中で、その活動によって生み出される代謝物が、人の健康維持に害を及ぼしてしまう菌)」によって腐敗してしまうわけです。こうして悪玉菌によって腐敗された老廃物は、毒物となり、悪臭である「おなら(飲み込んだ空気や腸の内容物が発酵されたり腐敗したりすることによって生じたガスで、肛門から体外へ放出される気体)」を産生することになります。この毒物はまた、腸管壁から吸収されることにより、血流に入っていきます。よって、肢体の隅々にまで送られることになるわけです。通常に健康な人であれば、老廃物は体内を短時間で通過すると言われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする