便秘と宿便との関連性について

便秘と宿便との関連性について

前項で述べた通り、「宿便」とは、かなりの長期間を排泄されることなく、腸の中に溜まってしまった便のことを指します。しかし、実は宿便とは、「医学(人体や病気の本態を研究して病気の予防や治療を行い、健康を維持するための学問)」的な領域における専門用語には含まれないのです。医学博士の1人に、甲田光雄氏がいます。彼は、あくまで自分の考えだとした上で、宿便の定義付けを試みました。それは、胃腸における処理能力を遥かに超えた状態にあって、さらなる負担をかけ続けていった場合に、腸管内に渋滞してしまった排泄内容物を総称したものだとしています。続いて彼は、宿便の色や硬さなどは、通常の便とは際だった違いが見られないと考えています。特に、「便秘」と「宿便」は類似性があると言われています。甲田光雄氏は、このことに絡めて、たとえ毎日きちんと排便があったとしても、便は残留してしまう可能性があるとしており、一般的に言われているようなお腹が張ることで排便がないといった便秘とは、本質的に性格の違うものだと説明しています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする