便秘でよく聞く宿便とは?1

便秘でよく聞く宿便とは?1

便秘の特集などでよく、メディアなどに取り上げられている言葉として、「宿便(しゅくべん)」があります。宿便を簡単に説明すると、「便秘(健康の時に比べて排便の回数や量が著しく減ってしまい、便が滞ってしまった状態)」が生じてしまった肉体の状態において、時間として長く腸内に滞留している「糞便(消化管から排泄される固体状の排泄物)」のことを指します。別称として、「滞留便(たいりゅうべん)」があります。つまり、滞留便が存在することが便秘の症状を象徴しているので、特に急を要する場合には、治療が必要となります。その際には、「浣腸(肛門や直腸などを経由することで、腸内に液体を注入する医療行為の総称。または、そうした行為に使用される薬剤や器具の総称)」などで対処されると言われています。浣腸では便秘の治療の他にも、検査や手術前、出産時の腸管内の排泄物除去のためにも使われます。この時、薬剤として用いられるのが、グリセリン液やクエン酸ナトリウムが薬剤です。その昔は、滋養のためだとも言われていました。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする