男性と女性の便秘事情

男性と女性の便秘事情

前項で説明したように、そもそも便秘とは、女性に多い特有の症状だと、一般的に認識されています。これまで説明してきた身体的構造、ホルモンの関係、生理や妊娠などによる骨盤の形状など、ここには多種多様な理由が挙げられてきました。市販されている便秘薬のパッケージデザインに、女性が好む「ピンク」色が主に採用されているのは、販売促進側が、明確に女性をターゲットと認識していることを、如実に象徴しています。その一方で、男性向けの便秘薬の存在は、あまり見かけることがありません。これは男性の身体的構造として、便秘によって悩まされることが少ないことに起因しています。(前述したように、高齢者はその限りではありません)男性の場合は、便秘よりも下痢の症状に悩まされているという傾向にあるそうです。ここに関わってくるのが、食習慣になります。男性は特に、アルコール、油物、刺激物を特に好むと言われています。実はこれらは、腸の動きを活発化させる役割を果たしているのです。よって、必然的に腸壁が滑らかにする作用に繋がってくるわけです。また、外的なストレスに対する脆弱性に関して、男性の場合では、下痢に陥りやすいと言われています。それは、女性に比べて、腸管が太いことなど、身体的な構造が大きく関係していると言われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする