ストレスからくる便秘と病気3

ストレスからくる便秘と病気3

過敏性腸症候群の分類の4つめに、「ガス型」があります。この症状として主に挙げられるのが、「おなら(放屁)」です。このガス型では、常にガスが漏れていることにより、周りの人に不快な想いをさせているのではないかという、不安に苛まれることが特徴として挙げられます。意識ばかりがそこに集中してしまうために、そのストレスが逆におならを誘発してしまうわけです。この症状が重くなってしまうと、無意識であっても、他人の前でガスや異臭が漏れてしまうようになります。しかしその反面、自宅などでストレスのかかりにくい場所にいる場合においては、そうした症状は起きにくいと言われています。このような緊張を要因とする悪循環は、対人恐怖症=あがり症と同じ性質にあると、定義付けられています。別称として、おなら恐怖症などがあり、これは「あがり症」に含まれるとも言われています。よって、その治療法もまた、あがり症と同じになります。これは、思春期においてよく見られること、さらには日本人特有とも言われるほど、日本人に多く見られる、あがり症の特徴と、類似点が多くあるのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする