ストレスからくる便秘と病気2

ストレスからくる便秘と病気2

前項にて触れた「過敏性腸症候群」の症状として主に挙げられるのが、便通の異常になります。一口に便通の異常といってもその症状は、様々な現れ方をします。簡単に分類すると4つになり、「不安定型」、「慢性下痢(げり)型」、「分泌型」、「ガス型」となります。これらは排便を行うことによって、少しの間は症状が軽減される傾向にあります。しかし、またぶり返してしまうのが、この過敏性腸症候群の特徴と言えるでしょう。順に説明を加えていくと、まず「不安定型」では、腹痛に加えて、腹部での違和感、そして下痢(大便が液状か、それに近い状態で排泄されること)や便秘といった症状が、間隔を空けて、複数日に渡って交互に現れるようになっています。これを、交代性便通異常と言います。次に、「慢性下痢型」を見ていきます。慢性下痢型では、わずかでもストレスや不安などを受けた場合に、下痢が誘発されるようになっています。そこから、神経性下痢という別称も存在しています。そして、比較的に強く感じる腹痛の後に、大量の粘液が排泄されてしまう症状が、「分泌型」になります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする