ストレスからくる便秘と病気1

ストレスからくる便秘と病気1

便秘の原因の1つに挙げられるのが、外的・内的による様々な「ストレス」です。ストレスとはまず、寒冷や外傷、その他にも精神的なショックなどを受けることによって、生じてくる精神的な緊張、そして生体内における特異的ではない防衛反応によるものだと定義付けられています。これらの要因となりうる刺激や状況もまた、ストレスと言われています。こうしたストレスが原因になって、腸が歪んでしまうわけです。その結果、腸が閉塞してしまうことになり、便の通りが悪くなり、滞ってしまいます。このような症状は、一般的に「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)」などと呼称されています。過敏性腸症候群とは、「大腸(消化管の中で小腸と肛門との間の太い腸の部分)」の運動や分泌機能の異常で起こってしまう病気の主な総称を指します。腹部に違和感があって検査をしたにも関わらず、炎症や潰瘍など、分かりやすい異常が認められない場合であっても、下痢や便秘、さらにはガスの過多によって、下腹部が張るといった、不快な状態に陥ります。大腸の機能の異常が原因で、起こりうる病気で過敏性大腸症候群という名前が遣われていましたが、近年では、小腸にも関係していると判明しています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする