便秘と関連性の深い骨盤の話

便秘と関連性の深い骨盤の話

前項に述べた通り、女性の身体には、「生理(月経、思春期以後の女性において卵巣周期に伴う性ホルモンの変化によって子宮粘膜が周期的になり、受精卵の着床がない場合には、平均28日ごとに内膜が剥離して出血し、数日間持続すること)」や「妊娠(受精した卵子を子宮内で発育させていくこと)」・出産という独特の構造を有しています。よって女性は、胎児を育てる必要性のため、男性に比べて「骨盤(腰部にあって左右の寛骨と仙骨と尾骨とで構成される骨)」が広く取られています。骨盤が広くなると、腸が下垂(かすい、垂れ下がること)しやすくなると言われています。つまり、腸が不安定な状態になってしまうわけです。また、黄体ホルモンの影響により、下半身に脂肪が付きやすく、たまりやすい傾向にあるのです。血液もまた、骨盤に滞りがちになってしまうのです。だからこそ、必然的に腸の働きは弱まっていきます。こうした様々な事由によって、腸管はその形すらいびつに変化するようになっていきます。そうして便はより硬くなり、溜まりやすくなっていくのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする