便秘と女性と女性ホルモンの関係

便秘と女性と女性ホルモンの関係

女性には、男性にはない特有の「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が存在します。女性の生体内で、黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロンになります。成人女性の場合では、卵巣の黄体から分泌されます。そして妊娠時になると、その中期以降には胎盤からも分泌されるのです。この黄体ホルモンが主とする働きには、女性の体を変化させる役割があります。特に、子宮に大きく関わっており、妊娠の準備をするようになるわけです。例えば妊娠した場合、出産までの間に妊娠を継続(維持)させるホルモンになります。この黄体ホルモンは、妊娠準備のために、体内に水分を蓄積しようとするのです。従って、普通に行き渡るはずだった、排便に要する量の水分が、補給されにくくなってしまうのです。黄体ホルモンは特に、生理や妊娠などの際に分泌される性質にあるので、その時期に便秘の症状が出る場合が多いのです。そして、この黄体ホルモンには、流産を防ごうとするため、必然的に括約筋を収縮させてしまうのです。よって、排泄がより一層難しくなってきてしまうのです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする