痙攣性の便秘について

痙攣性の便秘について

腹筋力が減少するということは、腸管(消化管)に直接的に関わってくるのです。つまりは、腸の「蠕動(ぜんどう、筋肉の収縮波が徐々に移行する型の運動で、消化管壁が食物を送る運動)」機能が低下しているということに繋がってくるわけです。その結果、腸に送り込まれてくる内容物は、大腸で留まることとなり、必要以上に水分が吸収されてしまうのです。この現象は便を少量にして、尚且つ、硬く形成されることになります。次に、痙攣性便秘について詳しく見ていきます。痙攣性便秘では、精神的・肉体的なストレスが大きく関わっていると言われています。代表的とされるのが、「過敏性大腸症候群(大腸の運動機能異常のために長期に渡って下痢や便秘、またそのどちらも含めて反復的な症状をきたす状態で、心因性によることが多い)」です。特に、「自律神経失調(自律神経の均衡が乱れることにより、種々の症状を示す病気)」は、横行結腸(大腸の主要部分である結腸の一部)よりも肛門側の結腸である下部大腸が、痙攣性を伴った過度の収縮をすると言われています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする