弛緩性の便秘について

弛緩性の便秘について

便秘と定義する時に、最も多いタイプであり、それぞれに症状や原因を伴うものを「機能(きのう)性便秘」と言います。これは別称に、「慢性(まんせい)便秘」があります。つまり便秘には、大きく分けて3種類存在するということです。まずは前項で触れた、弛緩性便秘から詳しく見ていきます。弛緩性の便秘においては、主な要因として、食事の量や「食物繊維(食物成分の中で人の消化酵素では消化しきれないものの総称)」の摂取不足が挙げられます。この中には、入れ歯(義歯、喪失した歯を補う為の人工臓器の総称)によって噛み合わせが上手くいかなかったり、もともと歯の数が少ないことにより、食事の摂取自体が減ってしまうことも含まれています。さらには、典型的な運動不足、年を重ねたことによる加齢、経産婦(けいさんぷ、既に出産を経験している女性)、病気などで床についたままの人などに多く見られる、腹筋力の低下が主な原因として挙げられています。これらに当てはまる人は、特に腸管に対しての機械的な刺激が不足していると考えられています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする