便秘の種類

便秘の種類

便秘には、以上のように原因がはっきりしていることがほとんどです。その場合には、市販の薬剤や、各医療機関において、それに見合った治療を受けることが出来るわけです。しかし反対に、原因が明確にならない種類の便秘もまた存在します。これには、「常習(じょうしゅう)性便秘」という名称があります。常習性便秘は、2種類あります。まずは、「弛緩(しかん)性便秘」です。弛緩という名が示す通り、この状態の人に多いのは、便を溜めてしまう癖を持っているタイプです。このタイプの場合、自覚出来る症状は、あまりないと考えられています。だからこそ、異常に気づきにくいというマイナス点もあります。そして、「痙攣(けいれん)性便秘」です。このタイプの場合には、ほとんどの人が「頭痛」や「吐き気」、「めまい(目が回ったりくらんだりすること)」や「のぼせ(血が頭へのぼることでぼうっとなる状態)」といった症状を伴い、人によっては「不眠(眠れないこと、個人が睡眠困難を訴えている状況と定義)」を訴えることもあります。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする