便秘に関わってくる外的要因について1

便秘に関わってくる外的要因について1

便秘の具体的な症状は、前項の他にも存在します。脱水状態が過度に陥ったことにより、便が硬くなったり大きくなったりすることにより、排泄が困難、またはされなくなった状態も指します。そして、便の量自体が少なくなったことにより、固い塊状になることも便秘に該当します。いわゆる、うさぎの糞のような形状のことです。さらに、私たちが直接的に感じる自覚症状としては、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満(ぼうまん、いっぱいにふくれあがること)感、下腹部痛、食欲不振、めまい(目が回ったり、くらんだりすること)などが、便秘と共に現れることがあります。便秘にはまた、外部的な要因も考えられています。その具体的な例としては、まず食物や食物繊維の摂取が足りないことです。これは、適切とされる咀嚼(そしゃく、口の中で食べ物をよくかみ砕いて味わうこと)が行われなかったことも一因します。そして、薬による副作用もまた挙げられます。カルシウム剤やコデイン(阿片に含まれるアルカロイドの1つ)など、鎮痛剤、鎮静剤、制酸剤(胃液中の塩酸を中和する薬)、鉄剤、水薬である利尿剤などです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする