下剤は便秘解消には有効か?

下剤は便秘解消には有効か?

便秘を即時解消させる、もっとも簡単で有効な手段として、「下剤」の使用が挙げられます。下剤は、簡単に言うと、大便を通しやすくする「薬」になります。便秘の症状が軽度の場合には、前項で述べてきたような予防方法や対策などで、充分な効果が現れやすいと言われています。しかし、そうであっても、便秘の程度に応じては、下剤を使用することがあると思います。下剤は薬であるため、医師の処方に加えて、薬局でも手軽に入手することが出来ます。その種類には、液体のもの、チューインガムタイプ、定番の丸薬や粉など、多種多様にあります。市販の便秘薬の主成分は、ビサコジル、ピコスルファートナトリウム、センナ、センノシド、炭酸マグネシウムなどです。便のかさを増やしたり、柔らかくして排出するために、プランタゴ・オバタ(オオバコ)の種子など、食物繊維系の医薬部外品が使われることもあります。便秘薬(下剤)は、便秘を根本的から治療する薬ではないことに注意する必要があります。あくまで便秘の原因となっている、「滞留便」を、薬剤の力を使って一時的に排泄することで、症状を(一時的に)解決(緩和)するわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする