便秘の時の治療方法1

便秘の時の治療方法1

便秘の状態に陥ってしまったとしても、もちろん解消するための、治療する方法が存在します。しかしこの治療には、間違った考え方があります。例えばその解消方法としてすぐに思い付くのは、「下剤(排便を促すために用いられる薬)」の摂取や「浣腸(肛門から直腸や結腸内に直接薬液を注入すること)」の使用です。今では薬局などで簡単に手に入るので、こうした早期の治療においての便の排泄としては、適切だと思われがちなのです。下剤の摂取や浣腸の使用の上で注意しなければならないのは、その使用が常態化してしまうことです。乱用(一定の基準や限度を越えてむやみに使うこと)に近いほど何度も繰り返し使っていくと、そのうち身体が慣れていきます。よって身体は、それらの刺激をもってして、排泄をするのが当たり前の状態になってしまうのです。手放そうと試みても、使わなかったことで、酷い便秘に陥る場合も多く報告されています。自分の力で排泄する意識が失われ、便秘のために掛かる費用も増えていく一方になるという、悪循環が発生するわけです。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする