便秘を解消する根本原理

便秘を解消する根本原理

現代人の大きな悩みの1つに、「便秘(べんぴ)」があります。これを解消するためには、まず便秘の原理を知る必要があります。便秘は人にのみならず、他の生物においても起こり得る、便の排泄が困難になった状態に陥っている、消化器のことを指します。便秘を判断する項目として、一般的に挙げられるものがいくつか存在します。まず、排便が起こっていない期間の長さを算出します。例えば、3日以上続けて排便がない、週に3回以下しか排便することが出来ないなどです。そして、排便時の困難さや、残便感、また口腔からの「便臭」において認識されることもままあり、上記のような事柄によって便秘と診断されます。毎日きちんと排便がなければ便秘だと考えがちですが、私たちはそれぞれに合わせた体質を有しており、排便の間隔は環境などによっても変わってくるため、これは断定することは出来ません。ちなみに、「日本内科学会」が定義している所によると、3日以上に渡って排便がない状態であり、かつ毎日排便があるが、残便感を有した状態とされています。

えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする